So-net無料ブログ作成

藤村志保の軍師官兵衛ナレーター降板は偶然?なぜ骨折?代役広瀬修子は好評? [芸能]

女優の藤村志保さん(75)が今月1月3日に背骨を圧迫骨折したそうで、
NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』のナレーターを降板することが発表されました。

情報ソース

1月3日に骨折していたにもかかわらず、
それが公表されたのが1月29日。
3週間以上もかかったのにはわけがあるのでしょうか?

「なぜ骨折したのか?」についてはどこにも触れられていませんが、
圧迫骨折は骨粗しょう症がある高齢者によくみられるとのことです。

たとえ、身体に強い衝撃を受けなくても折れてしまうことも多く、
藤村さんの場合もおそらくそれが原因と思われます。


さて、
藤村さんといえば軍師官兵衛のナレーションが物議をかもしていますよね。
クセが強く、何を言っているか聞き取りづらいなど不評の声がよく聴かれます。
当然、演出によってわざとそうしてはいるとは思いますが・・。

ちなみに、私の身内も軍師官兵衛観てますが、
「ナレーション変えてほしい!」と懇願していました(苦笑

今回の骨折により絶対安静となったことから、
新たなナレーターは元NHKアナウンサーだった広瀬修子(ひろせしゅうこ)さん(69)が担当。

降板発表に3週間もかかったのは藤村さんのプロ根性で「続投させてくれ」という
意向が強かったんだと想像します。

しかし、藤村さんには失礼ながら、偶然にしろナレーター交代を望んでいた人にとって
藤村さんの降板は「願ったりかなったり」となったようです。







といった広瀬さんを歓迎するツイートが目立ちますね。

とはいえ「演出」によって広瀬さんがやっても
不満の声がまたもでるかもしれないですけどね。

***

まあ、それはそれとして、大ベテラン女優の藤村さんには
ぜひお大事になさって、早く復帰してほしいですね!

今年1月下旬に放映された尾野真千子さん主演のNHKのドラマ
『足尾から来た女』にも出演されるなどバリバリの現役ですし!



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。